忍者ブログ
< 08月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 10月 >
Home >  > [PR]Home > 未選択 > 6月15日(金)縁坐公演in嶋津

[PR]

2017年09月25日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

6月15日(金)縁坐公演in嶋津

2012年06月16日

レポート:営業部長@汐崎まこと

午後1時から嶋津にて縁坐の演劇公演が行われた。高知県や東京都など各地から出演者を含め40名以上の方が集まる。


場所は嶋津公民館に決定。入りきらないので外にも座席を作る。


シアター・坐・フェンスの橋本久仁彦代表の説明がある。野尻さんが、「『隣の人間国宝』に出てた人や」と言った。そういえば5月頃に見たような気が…


縁坐というのは、客席の方からお話を聞き、それを即興の演劇にするというもの。まずは皓大さんの体験談を聞く。


演奏が始まり。


演劇が始まる。


これは台風12号のシーンかな?動き早い!


最後に体験談を語った方の感想をきいて、終了。


このおばあちゃんは、嶋津へ嫁いで64年?「細かいことエエやないか」やと。
(左)


おばあちゃんの話をもとに演劇が始まる。


この青い布は北山川を表現しています。


皓大さんのお母さんも体験談を。この前の6月2日で結婚50周年。なに?わしの7歳の誕生日に結婚したんか~?


皓大さんのお母さんの話をもとに演劇が始まる。


これは嫁いできたときのようすね。


菜つが生まれた場面。


次はこの方のお話。台風12号で、2階の屋根まで水に浸かった。


演劇を見ながら涙ぐむ人も。


みんな真剣な表情で観劇。


最後は中さんの体験談。この前死にかけたけど、三途の川の渡し賃が足りなくて戻ってきましたって云うお話。笑いながら話してたけど、そりゃ大変じゃん。


中さん、足が悪いので、外で演じることに。


これは、一度死んでお金が足らないので、この世に帰ってくるシーン。


中さんのお話はなかなか重みがあって楽しいです。


菜つは疲れておひるね。


皓大さんのお母さんがデジカメでパチリ。嶋津のお母さんたちはかなりデジタルやで~。


最後に皓大さんがお礼のごあいさつ。


左の方、実はハモニカ名人!


橋本代表と中さんご夫婦。


野尻さん、出演者の方とご一緒にパチリ。


観客の体験談を3分ほど聞いた後、即興で演じるんやけど、なんでそこまでわかるん?というくらい、こちらの気持ちが出ていたように思います。スゴイで。

レポート:営業部長@汐崎まこと
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top